当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

行政書士試験勉強と実際の業務の関連性とか


いやあ、ブログ更新すると、なぜか気持ちがいいものですね。

実は、このブログを放置していたことを、ひそかに結構気にかけていたんですよ。ええほんとに。
まあ、あの馬鹿でかい広告バナーを表示させたくないと思ったおかげで
久々の更新と相成りましたので、あの広告バナーにも感謝しなければですね。


1



くひひひ、広告バナーめ!   
もう二度と表示させないぞ・・・

ていうか、表示させないように頑張ります。はい。













【過去記事に手を加えたり】




実はですね、この更新の少し前に、過去記事である「行政書士の報酬について
という記事に少し手を加えているんですよ。


まあ、何をやったかというと、ちょいと「やる夫さん」を合間に挟んだりしてます。


昨日更新して思ったのですが、文章の合間にこやつが入るとなんか見やすいというか、
とたんにポップな感じになるんですよね。


一種の清涼剤というか・・・


文章ばかりだと、やっぱ見てて疲れるっていうの、あるじゃないですか。
まあ、そう思ったから「やる夫で学ぶ行政書士試験」シリーズを書いたというのもあるのですが、
通常の記事にも少しそういった要素を入れていこうと。


ということで、新記事を書きつつ、過去記事にも少々手を加えるという、
なんかもう、また更新がすぐに止まりそうなぐらいハードルあげている感じですが、
まあ、「やる夫シリーズ」に比べれば断然時間がかからないので、まあなんとか大丈夫です。


業務が終わった後に、一息つくように、ブログを更新・・・
素敵ですね。ちゃんと続けばですけど☆


土下座
たまたま連日更新となりましたけど基本は週一更新の予定ですので、そのつもりで今後ともよろしくお願い致します。

最低でも、月一更新は死守したいです。










【行政書士試験勉強と実際の業務の関連性】




昨日、更新記事を書いていて思ったのですけど、
私2年間、行政書士として業務をこなしてきましたが、
ほんと、行政書士試験勉強で学んだことが業務で役立ったっていうこと
ほとんどない
んですよね。


相続とか遺言を専門にしてらっしゃる行政書士先生方は、もしかしたら
行政書士試験勉強で学んだことが役立っているかもしれませんが、
あいにく、私は相続・遺言は一切手がけておりませんので、
ほんとのところ実際に役立っているのかどうかまではわかりません。



会社設立をやっていても、まあ、基礎知識として
会社法のこととか試験勉強で学んだことが少しは参考になることもあるのですが、
実際の業務は、定款を作ったり、資本金をどのぐらいに設定するかとか
(クライアントが融資を考慮しているならここはおろそかにできない)、

あとは行政書士が単独でできるのはどこまでなのかとか(司法書士との業際問題)、
そんなところがまあ重要な感じだったりするかなと思います。
(他にも色々ありますが・・・)


まあ、そんなこんなで、行政書士試験の勉強内容が、
実際の業務で役に立つのかを、私が実際にやっている業務を
中心として、次回以降、少し考えてみたいと思います。


私自身、行政書士試験受験生だったころ、実際業務にどの程度
役立つのか全くわからなかったものです。
(多分役には立たないんだろうなと、少々思っておりましたが・・・)



では、次回以降もよろしくです。


考える

いやあ、やればできるものですね。
今日は業務終了後に更新という感じにしてみたのですが、結構すんなりといきました。

まあ、あまり調子に乗らないようにします。







やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験


2 Comments

受験生  

No title

更新お疲れ様です!
確かに実際の業務と試験勉強がどう結びついているのか、受験する側としては分かりづらいところです。
たまにモーニングの『特上カバチ』を読んでみると、DVの調停みたいなことばかりしていて「うーんこれが行政書士の主な仕事なのか? でもまあマンガだからそれなりに事件とか起きてくれなきゃなあ」などと独りで納得してしまったり…

2011/05/12 (Thu) 23:07 | EDIT | REPLY |   

梅安  

度々コメントくださりありがとうございます

受験生様


更新復帰直後に、このようにコメント下さるのは、結構嬉しいものです。

「特上カバチ」は私、コミックス持ってますが、あれで書いているようなDVの調停なぞに首突っ込んだら
多分相手方についている弁護士あたりから漏れなく

「あなたのやっていることは非弁活動である云々・・・」

とかいう書面がきそうな気がするんですよね。


おっしゃる通り、通常の行政書士業務を漫画で描こうものなら、
多分、書面作りばっかりで、激しく地味な展開になりそうな気もします。

2011/05/14 (Sat) 11:01 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment