当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

ご依頼をお断りすること


さて、色々と立て込んでおりましたが、
ようやく・・・・・おれは・・・・楽に・・・なった!!!


っていうちょっとアゴの突き出た人たちみたいに
言ってみましたが、まあ、今は少し余裕が出ました。



土日フル稼働だったんですけど、土日フル稼働は結構久しぶりのことだったりします。
土日どっちか片方稼働っていうのは実は結構ある・・・・
というかほぼ毎週なのですが、両方っていうのはあまりないですね。
前がいつだったか思い出せないです。



取りあえず今日はちょいと軽めの更新でいきます。


ベンチ


今日はもう、「グッドライフ」みて酒飲んで寝るお・・・



















【ご依頼をお断りすること】




実はですね、お客さまからのご依頼をお断りすることって
申し訳ないことにたまにあります。


基本的に、繁忙しているときに専門外の業務がくると
御断りするか、又は他の行政書士事務所等を
ご紹介するかといった感じになることが多いです。


こちらが手をつけられない状態で滞留するよりかは、
他の事務所ですぐに対応してもらった方が、
明らかに依頼者にとっては良い
と思うので、
上記のような対応をしております。



また、事案が結構特殊なため、そこに特化している事務所が
対応する方が明らかに対応が早いだろうと思える案件も、
お断りするか又はご紹介になる場合があります。



ちょうど先週の金曜日ぐらいの繁忙ド直球の頃に、
中国の法律が関係する事案を対応できますかという
お問い合わせを頂いたんですけど、こちらが繁忙していることもあり、これはもう、
それの専門にやってもらった方が明らかに良いでしょうと思ったので、
専門の事務所にご依頼して頂くことにしました。



PC振り返り


繁忙じゃないときには、専門外の業務でもお受けすることあります。

そうやって、業務の幅を広げている感じですね。
ちなみに、私の専門業務は行政書士業務では比較的特殊な方なので、私にとっての専門外業務は行政書士にとっての一般的な業務だったりします。












【特上カバチ】





今、行政書士試験勉強と実務の関連性を考えてみようと思っていて、
んで、まずは行政書士業務とはなんぞやということで、
特上カバチ(行政書士漫画)あたりでやっている業務を取り上げてみようと思い、
移動中とかに特上カバチを読んでいたりします。


しかし、1巻で最初に取り上げる事案がいきなり任意整理等という
明らかに行政書士があまり関るべきではない業務に首を突っ込んでいるので、
先が思いやられます(笑)



まあ、そんな感じで行政書士試験勉強と実務の関連性シリーズも
しっかり進めていきますので、今後ともどうぞよろしくです。


本読む


行政書士としてある程度業務を経験した上で読むと受験生の頃とはちょっと違う視点で見れるので、そこは面白いですね。











やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験


0 Comments

Leave a comment