当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

平成26年度の行政書士試験が無事行われましたね



さて、先日11月9日(日)に平成26年度の行政書士試験が無事行われました。
まだ試験問題を入手できておりませんので、難易度等は分かりませんが、
インターネットで見える予備校講師等の解説をみると、難易度は高めだったようですね。
試験問題を入手できたら少し分析等してみたいですね。


私が試験を受けたときは、試験が終わって、予備校等の解答速報と自分の解答を照らし合わせて一喜一憂し、
解答速報が変更されれば、また一喜一憂し、という状態でした。とにかく試験が終わった直後は気持ちの
浮き沈みが激しかったですね。


特に合格かどうかのボーダーラインだと、本当に落ち着かないですね。ほぼ完全に駄目であれば、次年度に向けて
気持ちも切り替えやすいですし、およそ合格点に到達した見込みがあれば、落ち着いて合格発表を待てるんですけどね。
私は、結果的に合格だったときは、解答速報と照らし合わせる限りでは本当に合格ラインギリギリで、
そして結果として180点という合格点ちょうどでの合格でしたので、合格発表までほんとに気持ちが落ち着かなかったですね。


受験された皆様も、今様々な思いを抱いていらっしゃるかと思います。
私は、確か、合格したときは、合格発表までの間は行政書士試験とは別のことを勉強して、
気持ちを紛らわすようにして過ごしていたように思います。
当時のことを思い出すと色々と懐かしいですね。


次回以降は、少し、私自身が受験生だった頃のことを振り返ってみたいと思います。

0 Comments

Leave a comment