当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

最近の行政書士のWEB営業


さて、最近思うことを一つ。
行政書士のWEB営業、すなわちウェブサイトを活用した営業についてです。


行政書士営業方法って、色々あって、DMや電話営業・FAX営業、はては、
飛び込み営業をされている方等もいらっしゃるようですが、
やはり最近はウェブサイトを活用した営業に力をいれている行政書士が増えているように見受けます。


私が開業をしたのはもう6年ぐらい前になりますが、その頃から、
会社設立や相続等のメジャー業務については、割とウェブサイトを活用した営業が
活発に行われており、行政書士のみならず税理士や司法書士等も含めて熾烈なWEB営業競争が
行われているように思います。しかし、そこまでメジャーではない業務については、
6年ぐらい前はそこまで熾烈なWEB営業競争は行われていなかったと思います。
現に私が主業務として手がけている契約書作成業務は、まあ6年ぐらい前は、
比較的WEB営業をやりやすく、SEO対策なんかもそこまで力を入れなくてもよかった状況でした。


しかしながら、昨今はマイナーな業務のWEB営業も熾烈な競争という状況になってきているように思います。
WEB営業は、お客を呼び込みやすい検索キーワードで、
検索表示を上位にできていれば、勝手に問い合わせがバンバン来ますので、
やはり最も効率的ではないかと思います。
ただ、そのお客を呼び込みやすい検索キーワードで検索表示を上位にする、
というのが現在はマイナー業務も含めて相当難しくなっているなという印象です。


しかも、こうしたWEB営業については、本来の業務の知識、技術や経験とは
ある意味全く異なる知識、技術や経験が必要になってきますので、
そうしたWEB営業のために必要な知識、技術や経験を習得し、そしてそれを一定のレベルで
維持し続けなければならないです。それは決して容易なことではないです。



これから行政書士の新規登録をされる方の中には、最初からWEB営業に力を
いれるという人も割りと多くなってくるように思いますが、しかしすぐに効果や結果が
出るわけではなく、SEO対策なんかは特にそうなのですが、
昔からWEB営業に力を入れて長年の知識、経験や技術がある人の方が有利ですので、
そうした壁を乗り越えるのは年々難しくなってくるように思います。



それでも、最も効率的な営業方法として、WEB営業を選択せざるを得ないので、
やはり競争はどんどん熾烈になっていくのかなとも思うのです。
今日は、最近思うこととして上記のようなことを徒然と書かせて頂きました。

0 Comments

Leave a comment