当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

行政書士の実務講座 営業論



今日は、先ほどまで行政書士実務講座新宿に行っておりました。


帰りの道中、千葉県知事選挙の演説等で船橋駅前、津田沼駅前は選挙一色状態。
ちなみに期日前投票における投票率は前回を大幅に上回っているようです。

 

前置きはここまでにして・・・今日の行政書士実務講座は建設業財務諸表論と営業論でした。

 

 


 

【建設業簿記の基本は商業簿記】


実務講座の前半は建設業財務諸表論。

 

内容は、主に、建設業許可業者が毎年提出する変更届出書の書き方や付随する資料のこと等についてです。

 

簿記を勉強し始めて日の浅い私にはすぐには理解できないところもありましたが、まあなんとかぎりぎりのところで付いていった感じです。建設業簿記自体は商業簿記がベースになっているので、建設業簿記に特に抵抗を覚えるようなことはなかったです。

 

 

実際に一通り聞き終えて思ったこと

 

 

・桂井先生のおっしゃる通り、簿記3級の知識があれば確かになんとかなりそうだ

・こんなに面倒な財務諸表を作成したりする企業の経理担当って凄いなと

・ようやく自分にも簿記の基礎知識が定着してきた

・桂井先生の実務講座は会計関係が他の講座よりも多いんでないか

 

 

個人的には、実務として簿記の基礎知識がついてきたことを実感できたことが嬉しかったですね。

 

 


 

 

【行政書士の営業】

 

実務講座の後半は、大分前から楽しみにしていた行政書士の営業についてです。

 

いやあ、とても勉強になりました。人脈の作り方やDMの使い方、案内状や名刺について実物例を交えながら丁寧にかつ経験談として具体的に教えられました。

 

名刺については特に、顔写真入りというのは確かに効果的だなと・・・やはり、シンプルな名刺でただ業務内容をずらっと並べるだけでは効果がないようですね。

 

 

それと効果的な広告媒体の使い方。建設業者に出回っている建通新聞なんて初めて知りましたよ。

 

電話営業についての具体例なんかも結構参考になりました。

 

 

今日の実務講座のおかげで、私も行政書士としての営業アイデアが沸々と浮かんできました。それと、、地域に密着して着々と人脈を広げていくことがいつの時代も大事なんだなと、改めて思いました。

 

 


 

 

桂井先生の実務講座は、毎回、本当に勉強になります。この講座がなければ、本当に何の商品もない行政書士に自分がなってしまうところでした。つくづく、良い講座に巡り合えたと思います。

 

ちなみに、開業をする為、明日は行政書士事務所として賃貸契約を結んだマンションに引っ越しをします。で、明後日、月曜日に千葉県行政書士会に行政書士登録に行ってまいります。行政書士を名乗れるまであともう少しです。

 





やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

0 Comments

Leave a comment