当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

行政書士の実務講座 無料講座1



今回は、私が週一ペースで通っている実務研修について書いてみたいと思います。

 

 




 【実務経験なしをどうするか】

私は、行政書士試験に合格した直後は、行政書士がどういった仕事をするのか、どういった営業をするのか等、実務に関してはほとんど知らない状態でした。

 

合格して、気持ちが落ち着いてきたときに考えたのは、やはり行政書士の実務をきちんと学んだ方がいいのではないのかということです。

 

そこで、実務を学ぶ為、合格した当日に行政書士事務所の補助者募集求人がないかどうかを調べましたが・・・ほとんどありませんでした。
既に募集が終わっている求人の内容を見ても、驚くほど給与が低く、独立の為の開業資金を貯めていくには難しいなと感じました。

 

カバチタレの田村みたいに、後に事務所のスペースを間借りさせてもらえるならこの給与でも良いのですが・・・そんな保障もないですしね。

 

どうしようかなと思案して、翌日の仕事帰りに「成功する行政書士オフィス開業&運営バイブル」という本を買ってみました。これはこれで参考になるのですが、この本だけで実務を行うのはこころもとないという感は拭えませんでした(この本の内容は、また別の機会で記事にしたいと思います)。

 

↓結構、実務に関して参考になることは多いのですけど・・・

 

 


 

 

【実務研修を探して】

翌日、何か行政書士の実務研修はないかなとネットで「行政書士 実務」なんて検索してみると、その手のサイトがごろごろと出てきました。勇んで片っ端から調べてみたのですが、首都圏で行われているものが意外と少なかったです(なぜか神戸に多かったような・・・)。

 

が、その中でも一つ惹かれるサイトがありました。「日本行政専門学院」です。新宿でほぼ毎週1回、実務研修講座を3か月かけて行うとのこと(通信講座もあります)。私は、IT系等と名乗っている割には、人とは極力対面でコミュニケーションを取りたい人間なので、新宿という通学できる場所にあることは幸いでした。

 

また、他の実務講座は1回2時間を10回みたいなペースだったりすのですが、日本行政専門学院は1回4時間を20回やるので、他と比較してしっかりと実務が学べるかなと思った点もポイントでした。 

 

1/31(土)に無料講座を行うとのことでしたので、これは行かねばと思い、即座に電話でアポをとって、当日行ってきました(船橋→新宿)。

 


 

 

次回に、この続き、実務研修無料講座の模様を書きたいと思います。


やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

0 Comments

Leave a comment