当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

行政書士試験 平成21年度の試験委員対策

さてさて、平成21年度 行政書士試験の概要が発表されましたね。

試験日:2009年11月8日(日)
合格発表日:2010年1月25日(月)


日程は、概ね予想どおりでした。また、試験範囲も去年と変わらず、全体的に去年からの大きな変更点はございませんでした。


詳しくは「行政書士試験研究センター」をご覧ください。


では、今年の行政試験、頑張ってください・・・なんて終わらせ方はしません。
今回は、去年の試験委員からの変更点を元に試験問題を予想してみたいと思います。





【今年は去年から1名追加】



行政書士試験委員が発表されたので、早速、去年の試験委員と比較したところ、去年はいなかった多賀谷一照氏という方が入っていることがわかりました。


でも、このお方、名前を見たことがあるなあと思ったら、平成18年度と平成19年度の行政書士試験の委員をやってらしたようです。


どんなお方かと思ってGoogle検索してみました。
すると、情報通信関連の分野に携わっている方だということがうかがえます。また、情報通信分野に関する本もいくつか出版されているようです。タイトルを以下に列挙致します。


・電気通信事業法逐条解説
電子政府・電子自治体
・情報ネットワークの法律実務


これらを考慮すると、多賀谷氏が担当するのは、一般知識の情報通信の問題ではないかと予想されます。





【試験問題を予想】




多賀谷氏が試験委員として携わっていた、平成18年度の情報通信分野では「電子署名」に関する問題が出題されました。

また、こちらも試験委員として携わっていた平成19年度の情報通信分野では「行政手続オンライン化」「電子署名」に関する問題が出題されておりました。


上記の内容等を考慮すると、今年の試験には、上記のように以前出題された「電子署名」「行政手続オンライン化」や、書籍として出版されている「電子政府」といった分野に関する問題が出題されることが予想されます。


以前「やる夫で学ぶ行政書士試験6 日行連の動き等から試験問題を予想」の中で、行政手続オンライン化や電子署名が今年は出題されそうだと書きましたが、本当にそうなりそうな可能性が出てきましたね。


尚、平成19年度以降からは情報通信3問、個人情報保護2問となっており、情報通信分野担当と思われる多賀谷氏を加えた試験委員名簿を見る限り、今年もこの配分は変わらないのではないかと思います。


情報通信を3問きちんと取れると、だいぶ楽になりますね。今回の記事で、そのお助けが少しでもできましたら幸いに思います。


また、他の試験委員の対策も、ご要望があればやろうかと思います。今回の記事が、今年の行政書士試験受験生の方々にとって少しでも参考になれば幸いです。



やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例シリーズ


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

2 Comments

たま  

いつもありがとうございます!

いつも大変ためになる情報ありがとうございます!!
お時間の許す限りでかまいませんので、是非いろんな試験委員の特集お願いします!

楽しみにしています(*^_^*)

2009/07/08 (Wed) 23:09 | EDIT | REPLY |   

梅安  

たま様コメントありがとうございます

すみません。だいぶコメント返しが遅くなってしまいました。

試験委員対策は、何らかの形で特集していこうと思います。
テキストでつらつら書くだけなのは、少し物足りない感じがするので、やる夫シリーズの番外編として試験委員対策を書きたいなと今は思っております。

ぜひ、その時までお待ちいただければと思います。
今後とも、当ブログをよろしくお願いいたします。

2009/07/15 (Wed) 08:22 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment