当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

行政書士試験 独学での勉強方法

行政書士試験に独学で合格できるのかという質問を目にすることがございます。


教えてgooなんかを見てもそのような質問が散見されておりますが、回答はほとんど「近年の行政書士試験は独学での合格は無理です。予備校を利用しなさい」といった書き込みをみます。


しかしですねえ、私はほんとに独学で行政書士試験に合格できたんですよ。
しかも、直近の平成20年度の試験です。


よって、上記のような回答を見ると思わず、「いや、独学でも合格できるよ」と言いたくなります。





【勉強方法】



とはいえ、私の場合、法律の勉強をするのが初めてという状況でしたので、どのように勉強を進めていくのか全くわからずに行政書士試験の勉強を始めました。


よって、最初の勉強方法はとてもひどく効率の悪いやり方でした。テキストの重要語句をわざわざノートに書き写していたりしておりましたね。いやあ、無駄。


合格した年の勉強方法は、比較的シンプルなものでした。
電車による通勤時間が往復で2時間あるので、平日はその時間と風呂(30分)のときにテキストを何度も読み返しておりましたね。


それと、いくつものテキストを使用していたわけではなく、1つのテキストを何度も読むようにしました。
不合格した年はいくつものテキストを読んだりして、ある種のテキスト地獄に陥って失敗した経験から、テキストは一つに絞るという方法にしました。これが功を奏したように思います。


で、土日に問題集を重点的に進める。問題をある程度、覚えてしまったら、別の予想問題を買ったりしましたが、合格した年は、結局問題集は2冊程度でしたね、使っていたのは。


これで合格しました。ノートに何かを書き写したりといったことはありませんでしたね。本当に、とにかくテキストを何度も読み返す。これに尽きます。


で、やる夫シリーズでも言っておりますが、テキストを読み返す際は、特に行政法・民法を重点的に読み返す。会社法・商法は、さらっと読んだ程度でしたね。



合格した年の勉強時間は・・・平日が2時間ぐらい。休日は7~8時間でしたねえ。それを、だいたい・・・9か月ぐらい行いましたね。


ということで、法律初学者だった私ごときでも独学で行政書士試験に合格することができましたので、決して独学での合格は無理ではないことだと思います。




やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例シリーズ


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

2 Comments

愛子  

教えてください

こんにちは私は主婦なんですけど行政書士の資格を取りたいのですが毎年4月に法改正されるのですかぁちなみに、その情報は何処から得たらよいのでしょうか

2010/01/23 (Sat) 18:22 | EDIT | REPLY |   

梅安  

法改正について

愛子様

コメントありがとうございます。
行政書士試験に関係する法律(民法や会社法、行政法など)の法改正は都度行われております。

行政書士試験に関する法改正情報は、来年の4月以降に発売される行政書士試験用問題集や新聞、あとはこちらのサイトの道場ニュース「http://gyoseisyoshi-shiken.rdy.jp/」でも取り上げられたりしていますね。

行政書士試験に関する情報収集は地味なものになりますが、ネットである程度は収集できます。


主婦業の傍らの勉強となり大変だとは思いますが、ご健闘を祈ります。

2010/01/30 (Sat) 11:07 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment