当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

行政書士を開業して思うこと

今回の行政書士試験の合格発表が1月25日(月)にありましたね。

今回は、合格率も高く比較的多くの方が合格されたようです。
個人的な感想としては、現在の問題傾向はある程度対策されてしまい、それが今回の合格率の高さにつながったと思いますので、次回の行政書士試験では試験委員が結構変わるのではないかと思います。





【行政書士の集客】



私は開業してから1年ぐらいのペーペーですが、やはりWebでの集客が最近は重要なのではないかと考えてます。開業当初はDMなどアナログツールも結構試してみたのですが、やはりWebでの集客が最も費用対効果が大きいと感じてます。



今回の行政書士試験合格者のうち、年内にでも独立される方もいるかと思いますが、やはり事務所用ホームページをしっかり作りこみ、SEOにもしっかり力を入れておかれるとよいかと思います。


私のお客様でも、インターネット検索をして事務所ホームページから依頼を頂けた方の中には、結構高齢(60歳ぐらい)なお方もいたりしますので、Webでの集客というのは本当に重要なんだなとしみじみ思います。


と、そんな矢先に、行政書士及び司法書士関係のサイトのヤフーカテゴリ登録に係る審査費用が、今年の3月2日から現在の52500円から157500円に値上がりするという情報が入ってきました。


すごい値上がりっぷりですよね。私も驚きました。現在の3倍ですからね。しかも、この料金を払えば必ず登録されるというわけではなく、登録されても何の宣告もなしに無慈悲にヤフカテから削除されてしまうこともありますからね。ほんと恐ろしいことになりました。


こうなると、同じ料金を払うぐらいなら、被リンク効果の高いサイトで広告掲載してもらう方が効果が確実に見込めるかもしれませんね。私も3月2日以降は、正直ヤフカテ登録をすることはなくなると思います。


ちなみに、弁理士・社労士・税理士などのサイトは今回の値上がり対象外のようです。行政書士はWebに強いという印象をヤフーさんにもたれてしまったのでしょうか。



twitterで私がヤフカテ審査料金値上げについてつぶやいたら、結構同業者からの反応があったので、やはり他の行政書士先生にとっても衝撃は大きかったようです。




やる夫で学ぶ行政書士試験


行政書士試験に出そうな判例


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

0 Comments

Leave a comment