当ブログの人気コンテンツ
 やる夫で学ぶ行政書士試験  1_司法試験から鞍替え  2_試験制度と近年の傾向  3_特認制度  4_お勧めテキストと問題集

  5_予備校と日行連について  6_日行連の動き等から行政書士試験問題を予想  7_時事ネタ等から行政書士試験問題を予想  8_一般知識対策

  9_独学の注意点  10_願書提出  11_記述式と試験時間配分  12_模擬試験  13_試験当日について  14_行政書士試験本番  15_解答速報

  最終話_合格発表  やる夫による行政書士試験テキスト・問題集レビュー  やる夫で学ぶ行政書士試験に出そうな判例  

外国人地方参政権事件のあとがき


久々の更新となりました。


昨日「外国人地方参政権事件~やる夫で学ぶ行政書士試験」をアップしましたが、
この「やる夫で学ぶ行政書士試験」を書いて思ったのは、書いていて純粋に楽しかったということです。

これを書いていてられるぐらい、色々と余裕のある状況でいつもありたいなとも思いますが・・・
業務が立て込むとほんとそれどころではなくなってしまうので、ちょくちょく余裕のあるときに
更新していきたいと思います。









ということで、今回は、外国人地方参政権事件についてやってみました。
ちょっと、デリケートな話題ですので、記述には多少気を払ったところがあります。


今年の試験において、外国人の選挙権がらみの出題はあるかもしれません。
が、憲法問題で、真正面からこの外国人地方参政権事件を題材に、

「定住外国人に地方選挙の選挙権を付与する法律を作ることは、憲法上禁止されていない云々」

というようには出題されたりする可能性は、最近の試験問題傾向をみる限り低そうです。


もしかするとですが、地方自治法の住民監査請求・住民訴訟や土地改良区の総代選挙のように
国籍条項のない選挙と絡めて、出題されたりするかも
と思ったりしてます。


グレーで議論の多い事柄を試験問題としては取り扱いたくないでしょうから、
定住外国人等の地方選挙における被選挙権やら、仮に選挙権を付与する法律が作られたとしても
どこからどこまでが対象者なのかといったことは問われないと思います。








次回は、今年度の行政書士試験概要が発表されたことを受けての
「やる夫で学ぶ行政書士試験」をやり、以降は、


・このブログでやっていた「平成21年度行政書士試験」の問題予想が
 実際に少しは当たっていたのか等振り返る

 (やる夫で学ぶ行政書士試験5~8辺りで問題予想やっておりました)

・今年度の予想

・今年度版のおすすめテキスト、問題集

・最近思う試験勉強の進め方

・六法について


なんかをやる夫でやりつつ、「行政書士試験関連の判例」や私の「行政書士開業こぼれ話」を交えて、
やっていきたいと思ってます。






【やる夫で学ぶ行政書士試験関連の判例】

八幡製鉄事件

税理士会政治献金強要事件

群馬司法書士会事件

マクリーン事件

DBでいう人造人間編みたいなもの

外国人地方参政権事件

全農林警職法事件

三菱樹脂事件



やる夫で学ぶ行政書士試験


平成22年度版やる夫で学ぶ行政書士試験

2 Comments

受験生  

No title

更新楽しみにしております。
まだまだ暑さも続きそうですね~。勉強のときだけはエアコン解禁して励んでます。
早く涼しくなってほしいです……

2010/08/08 (Sun) 18:03 | EDIT | REPLY |   

梅安  

受験生さま コメントありがとうございます



いやはや、ほんと、暑いですよね。
かといってクーラーつけっぱなしだと体がだるくなったりするしで・・・


私が行政書士試験受験生だったころ、勉強をしに図書館に行ってましたよ。
涼みにいくのも兼ねて。


早く涼しくなって、勉強のしやすい感じになってほしいものですね。

2010/08/08 (Sun) 19:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a comment